社員密着取材

「やろうと思えば、何でもできる」新規プロジェクトも任される、
提案型デザイナー
加形 良介Ryosuke Kagata
加形 良介
加形 良介
加形 良介
事業本部クリエイティブチーム チーフデザイナー
2013年4月1日入社
多摩美大の大学院を卒業後、新卒でエディアに入社。決め手となったのは、説明会で感じた社長のフラットでフランクな雰囲気と、いろんなことに挑戦させてもらえそうな、会社の自由な雰囲気に惹かれたこと。やりたいことは何でもできるのではないかという直感があり、入社を決意。現在はチーフデザイナーとしてゲームのクリエイティブ全般の管理と制作を任されている。

1日のスケジュール

9:30
出社、メールチェックをしてリーダー朝会に出席。その後、チームのデザイナーと仕事の進捗確認をして新しいタスクを割り振ります。
12:30
同僚と会社近くの中華屋でランチ。
13:30
パートナー企業に訪問して、制作しているゲームの打ち合わせに。発注しているクリエイティブの確認も行います。
15:00
帰社後は、自分が担当するデザインの作成。主に、新規機能のデザインやワイヤーフレームを作成しています。
17:00
デザイナー全体のミーティング。各デザイナーが担当しているゲームの説明や、進捗報告を行います。
18:00
今日の仕事は終了!行きつけのBARで同僚とウイスキーを飲みに行ってきます!
新卒3年目で、ゲームのチーフデザイナーという大役に抜擢

新卒3年目で、ゲームのチーフデザイナーという大役に抜擢

入社後はクリエイティブチームに配属され、ゲームのフレームや広告や雑誌などの紙媒体などに関わりながらデザイン周りの仕事を覚えていきました。現在は新規ゲームの立ち上げに抜擢され、チーフデザイナーという立場で、ゲーム設計や全体の工数管理、デザインの方針決め、メインデザインの作成、メンバーへの仕事の割り振り、ディレクションなどの仕事を担当。入社3年目にして、一つのゲーム作りを任されるという大役をいただきました。
エディアでモノづくりをするにあたっての魅力は、ユーザーとの距離が近く、その声を聞きやすい環境があることです。たとえば、運営側とユーザーが一緒に遊ぶキャンペーンなどを企画したり、リアルイベントに出展して実際にグッズを買ってくれた人に話を聞いたりと、自分が作ったゲームで遊ぶユーザーとの距離が近いのは魅力です。また、グッズの企画やデザインにも関わるので、純粋にそれを買ってくれる人と会えるのは嬉しいこと。作ったものを誰かに面白いと思ってもらえて、喜んでもらえるのはクリエイター冥利につきますね。

やりたいことは何でもできる。夢は、ゲームのアニメ化!

やりたいことは何でもできる。
夢は、ゲームのアニメ化!

エディアはやりたいことに挑戦できる会社です。意見やアイデアを言いやすいですし、それを聞いてくれる土壌があるため、私も自ら発していろいろなことをやらせてもらっています。挑戦する中で特に身についたと思うスキルは、UIなどゲームの見せ方。先輩からのアドバイスやユーザーからの意見を参考に、トライアルアンドエラーを繰り返しました。縦割りの組織ではなく、横並びのフラットな組織なので、自分のスキルを高められやすい環境だと思います。今後の目標は、既存のコンテンツをどこまでも成長させること。アニメ化までできたら嬉しいですね。今はチーフデザイナーというポジションですが、キャリアの幅も自由に広げられる会社なので、いずれプロジェクトマネージャーや企画にも挑戦したいと思っています。

MESSAGE

MESSAGE

エディアは、とにかく自由で社内のメンバー全員が役職に関係なくフラットな会社です。意見やアイデアは何でも発言できるため、そこから新しいゲームの種や、社内イベント、新しい部活が生まれたりします。登山部やダイビング部など、共通の趣味を部活にして楽しめるので、仕事もプライベートも充実しますよ。やりたいことがある人や、自ら「これがやりたい」と提案できる人が仲間に加わってくれると嬉しいです。

趣味・特技
登山。日光白根山がお気に入り
休日の過ごし方
お酒を飲む
大切にしていること
世の中にない新しいモノをつくるための情報収集
  • 社員密着取材
  • 社員の声