ホーム > Ediaの声 > 社員の声

社員の声

今後の目標は? Ediaに入社した動機は? 仕事内容は? どんな学生でしたか?
プロジェクトを引っ張っていける存在になることです。 学校説明会でエディアの話を聞き、スマートフォンで人々の生活に笑顔をもたらすという言葉に魅かれて、志望しました。 ソーシャルゲームの開発、運用
主に、ソーシャルゲームのプログラミングをしています。
友人たちと一緒にゲームを作ったり、遊んでいたりしていました。
松本 孔陽
2015入社
プログラマー
松本 孔陽
自分がおもしろいと思うことを色々な人と共有できるようなコンテンツやサービスを提供することです。 ゲームが好きだったというのが一番ですが、会社全体の雰囲気が良かったので、この会社で仕事がしたいと思いました。 ソーシャルゲームの企画、運用。 真面目に授業には出ていましたが、それ以外はバイトと遊びで忙しかったです。たまに家に帰ると一日中ネトゲをしていました。
長谷川 聡
2013入社
プログラマー
長谷川 聡
面白いサービスを作り続けていきたいです。そして「こんなに面白いサービスがあるよ!」ということを、デザインの力で多くの人に広めていけたらいいなと思います。 明るくオープンな雰囲気で、どんどん自分の意見を言っていけそうな会社だなと思ったので。 アプリのUIデザイン、サービスのプロモーションに関する業務(webデザイン、フライヤーデザインなど) 大学ではデザインを学びましたが、高校での専攻は全く違う分野です。その時にやりたいと思ったこと、好きなことを自由にやっていました。
岡本 千絵
2013入社
デザイナー
岡本 千絵
将来的にプロジェクトマネージャーになり、プロジェクト全体の管理や、売上などを常に意識し、問題を発見し、解決できるように取り組んで、アプリのクオリティを更に向上させて行きたいです。 会社の雰囲気がとても賑やかで楽しそうだったので入社を希望しました! カードソーシャルアプリの企画運営 賑やか(「たまに」うるさい)な学生で、とにかく色んな人と話したり遊びに行っていた学生でした。
太田 翔汰
2015入社
デザイナー
太田 翔汰
広く、日本中・世界中の人々に使ってもらえるようなコンテンツを作ることです。 声優が好きで、声優コンテンツのある会社を探していたところ、MAPLUSを見つけ、それに関わりたいと思ったからです。 情報系サイトの開発、受託の業務システムの開発です。 大学時代はひたすらアニメと漫画とカラオケの日々でした。
金城 正
2015入社
経理
金城 正
  • 社員密着取材
  • 社員の声